二人だけの思い出にしたい!神社で行う結婚式

新郎も活躍できる結婚式

教会やホテルなどの式場で上げる結婚式と違い日本の伝統を重んじた神社での神前式。バージンロードを歩く華々しさはありませんが、雅楽の音色に合わせて重厚感のある挙式のスタートです。結婚式といえばクローズアップされるのはどうしても花嫁になりがちですが、神社で行う結婚式では新郎にも活躍の場がたくさんあります。結婚の報告や夫婦の誓いなどを読み上げる誓詞奏上(せいしそうじょう)では、新郎が読み上げることが一般的なので、新郎の頼もしい姿を見ることができます。また、神前式では三々九度の盃や玉串拝礼など二人が協力して行う儀式が他の様式に比べて多いので、新郎のリードが光ります。二人にしか分からないその場の緊張感を乗り切ると、より一層思い出に残る挙式となります。

新郎新婦の和装が魅力的

神社での挙式といっても、服装に決まりはありません。正装であれば、ドレスでも構わないのですが、やはり女性は白無垢姿や色打掛が日本古来の和の美しさを引き立たせる衣装です。角隠しからほのかに除く真っ赤な口紅がより一層奥ゆかしさを演出します。また、男性の袴姿も滅多に着る機会がありません。洋装の場合には華やかなドレスを着た新婦にスポットライトが当たりがちですが、和装ですと新郎新婦どちらにもその衣装の素晴らしさに目を奪われます。衣装選びに女性だけでなく男性も参加することになるので、女性と同じように色々と着比べながら相談し合って当日を迎えることができ、ともすれば女性に任せがちなことですが、男性も加わることによって二人の絆も深まっていきます。

結婚式は人生における大事なイベントです。多くの招待客を呼び盛大にすることを好む人もたくさんいますが、親族のみの結婚式を好む人もいます