招待する人を考えなくても大丈夫!親族だけで行う結婚式の魅力

様々な手間が省ける!

親族だけで行う結婚式の魅力は、様々な手間が省けることです。大きな会場を借りて、その大きさに見合うように多くの人に招待するというのは時間がかかります。全ての人を平等に呼べれば良いですが、友人間で後に結婚式に呼ばれた、呼ばれなかったという話題になると険悪な空気になってしまいます。知り合いではあるものの、結婚式に呼ぶほどの関係性なのか迷うこともあり、神経を擦り減らします。
親族だけであれば、このような気苦労は一切ありません。参加者が少ないので日程調整も楽ですし、盛り上がりには欠けるかもしれませんが濃密な結婚式になることは間違いありません。単純に友人数が少ない場合も、呼ぶ人がほとんどおらず困ってしまうので親族だけの結婚式は良い手段です。

親族のみだから言えることもある

結婚という素晴らしい事実は、やはり両親に一番実感してもらいたいものです。大規模な結婚式でも両親は特別な存在であることに変わりないですが、どうしても友人や知人と同じようなゲストとして結婚式を見守ることになります。
ただ、親族のみであれば両親が埋もれることなく間近で晴れ姿を披露できます。決して友人や知人の前では話せないような濃い会話も可能で、今まで迷惑をかけてきたことを謝罪する格好のチャンスでもあります。また、結婚をするということは家同士の付き合いにもなるので、お互いの親族が十分コミュニケーションしなければいけません。大規模な結婚式であれば難しいかもしれませんが、こぢんまりとした結婚式であれば会話もしやすいです。

結婚式を身内のみで行う時には、必要最小限のコストで計画を立てることができるため、さほど経済的な余裕のないカップルにもおすすめです。